2021 / 09 / 19

伝承ホ-ル・寺子屋通信vol④ 吉例! ! 寺子屋塾生・保護者の皆様へ(2021年度版)

 私の親友(中高同級、蹴球部も一緒)に群馬で医師をやっているM君という男がいます。彼はノルマで患者に手術や検査をしなければならない医療界に嫌気がさし、今は終末医療の専門家になっています。出来る限り医術や薬を遠ざけ、人間らしく最期を迎えさせるという仕事ですね。私は彼の行動を指示し、思想を尊敬もしています。
 しかしこのコロナに対する彼の考えは「コロナは風邪」「コロナで死ぬ人は、通常より死ぬ時期が少し早まっただけ」「薬もワクチンも意味はなく、結局は本人の免疫力」「感染を恐れる自粛生活は、人間らしい生活を奪うもの」「マスクなんかもっての外」……という非常に偏ったものです(極論派として有名人です)。常日頃の彼の考え方から推してみると、解らなくはないのですが、「唾つけて治す」古代の世界に戻ったような「そもそも論」には強い反発を覚えます。近代医学の力で治るようになった病はいくらでもあるのに、少し不勉強な気がします。今度、押しかけて行って転向させてやります。

 彼に限らず、「コロナの有無に関わらず、一定数の人は死ぬ」「人流と感染は無関係」とデータをもとに「対策不要論」を主張をする人も少なからずいます。私にはこの考えがよく理解できません。取りあえず自分の今できることは、(死亡なり重症化なりのリスクがほんの少しでもある限り)目の前に居るに人に感染をさせないということでありましょう。それは自分が人からうつされないということでもあります。全体でものを考えず、一人一人が努力をしないとこの疫禍は収まらない気がします。

……というわけで、その一つの方策として今回収録に際し、抗原検査を実施することにしました。この重要事項に関しては、別の項目(こちら)を御覧下さい。

 M君曰く「そんなに恐れてばかりいたら、人間らしい生活が送れないゾ」。確かに文化芸術・飲食・友人関係……本当に出来なくなってしまったことが多いですが、逆に今は、手洗い・うがい・他人への気遣い・読書・散歩・そして過去未来の文化生活を夢想すること……随分と人間らしい生活を自ら創っている気もします。

 そしてコロナ禍という障害がある中での「カブキ踊り」。これほど尊く、人間らしい文化はないと自画自賛いたしましょう。誰に頼まれたわけでもないのに、踊っちゃう。オンラインという便利で不便な方法を使っての練習で、踊りをマスターしようとしている皆さんの姿。一人一人のご自宅での努力が映像で実を結びます。コロナ禍だからこそ、文化の力を確信できる、そんなイベントにきっとなります。そのためには、嬌声をあげない、適正なマスク着用、そしてとにかく〝換気、換気、換気〟。上手く踊れたら、小声で〝歓喜〟ですね。

伝承ホール寺子屋プロデューサー 鈴木英一

NEWS一覧

2021.10.01 NEW!能楽講座をアップいたしました。
2021.10.01 学習プログラムの講座を再アップいたしました。
2021.09.25 伝承ホ-ル・寺子屋通信vol⑤ 吉例! ! 寺子屋塾生・保護者の皆様へ(2021年度版)
2021.09.19 伝承ホ-ル・寺子屋通信vol④ 吉例! ! 寺子屋塾生・保護者の皆様へ(2021年度版)
2021.09.16 【重要】伝承ホール寺子屋「渋谷金王丸伝説公演」 <カブキ踊り>参加者・保護者の皆様へ
2021.09.12 伝承ホ-ル・寺子屋通信vol③ 吉例! ! 寺子屋塾生・保護者の皆様へ(2021年度版)
2021.09.12 「カブキぼん!ダンス」の歌詞解説をアップいたしました。
2021.09.05 伝承ホ-ル・寺子屋通信vol② 吉例! ! 寺子屋塾生・保護者の皆様へ(2021年度版)
2021.09.05 カブキ踊り講師紹介動画をアップいたしました。
2021.09.05 【重要】伝承ホール寺子屋事務局からのお知らせ
2021.08.31 伝承ホ-ル・寺子屋通信vol① 吉例! ! 寺子屋塾生・保護者の皆様へ(2021年度版)
2021.08.31 「渋谷カブキ音頭」の歌詞解説をアップいたしました。
2021.08.25 カブキ踊り「お手本動画」に「カブキぼん!ダンス」(背面映像)を追加しました。
2021.08.01 カブキ踊り「お手本動画」をアップいたしました。
2021.05.15 伝承ホール寺子屋塾生専用ページへようこそ

 

▲トップページへ戻る

© SHIBUYA CULTURAL CENTER OWADA All rights reserved.